中秋の名月

観月の夕べ
大覚寺・大沢池

嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった大覚寺観月の夕べは、龍頭鷁首舟を大沢池に浮かべ、水面に映った月を愛でる行事です。


 

月を望む場所に祭壇を設け、お団子や、芋、豆などの野菜、お茶、お花を供え一山の僧侶が出仕して「月天」を招じ、農作物の豊作と人々の幸せを祈願します
また境内の広場では、17時より様々な催事が行われる。
◯声明のしらべ
大覚寺若手僧侶による、声明ミニコンサートが奉修される。

gyoji05_02b

https://www.daikakuji.or.jp/event_season_autumn/

 

日 時: 令和元年9月13日(金・中秋)~9月15日(日)

17時~21時( 受付 は20時30分まで)
料 金

参拝料:大人500円 小人300円
(日中参拝者の方は、そのまま参加いただけます)
舟席 1000円 (15時から勅使門前舟券売場にて販売)
・17時台、18時台、19時台、20時台から
茶券(観月席)の販売について
・望雲亭での本席はございません。
・当日17時より、五大堂茶券売場にて販売。
・1枚800円(お抹茶とお菓子付)。
・1席15分程度とさせていただきます。
問合せ 075-871-0071
http://www.daikakuji.or.jp/